なぜ人はダイエットをするのか!?その心理にせまります。

なぜ人はダイエットをするのか!?その心理にせまります。

すっかりと秋になりましたね。今年は10月中旬になっても夏日のような日が続き、なかなか秋を感じられませんでしたが、ようやく気持ちのいい秋の到来を感じる今日このころです。食欲の秋。秋は美味しい旬の食材がたくさんありますよね。

秋刀魚や松茸、栗にさつまいも、新米や銀杏、柿と秋ナス。気をつけないと、ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまう季節でもありますね。そしてダイエットしないと!と思うのですが、そもそも人はなぜダイエットしないといけないと思うのでしょうか。

まったく思わない人もいるのでしょうが、体重が増えたり、おなか周りのお肉がきになったり、あごのお肉がきになってきたら大半の人はダイエットしなきゃ!って思うはずです。今回はそのダイエットの心理について迫ってみたいと思います。

「ダイエット」といえばテレビ、雑誌、SNSで特集するととても人気があるテーマです。永遠のテーマといっても過言ではないですね。(いくら食べても太らないという特殊な体質の方は除いて。)

ダイエットってそもそもどういう意味!?

そもそもダイエットってどういう意味なのか調べてみました。ダイエットって痩せること、ダイエットって体重を減らすことって、思っている方がほとんどなのではないでしょうか。私も今の今までそう思っていました。実はそれてって、もともとの意味は正しくないのです!

ダイエットは英語の「diet」に由来するのですが、「diet」は、生活様式(生活習慣)や生き方を意味するギリシャ語の「diata(ディアイタ)」が語源とされています。現在の意味としましては健康や美容を保持するために、食事や量や種類を制限すること。となっております。

なぜダイエットするのでしょうか!?

「もてたい」「キレイにみられたい又はかっこよくみられたい」ってゆう理由が大半だそうです。そしてそういう理由でダイエットする人の失敗する確率はかなり高く、成功率は1割だそうです。

アメリカのある調査では糖尿病だと診断されたり、血圧が以上に高い、痛風になったなど、健康な状態でなくなり、医者から診断を受けてすぐにでも治す必要があったり、結婚式までにどうしても痩せたい等、明確な理由がある場合の成功率は7割あるそうです。

ですので、ダイエットを成功させるためには明確な理由がないとダメだということになります。これはダイエットに限らず何にでも通じますね。奥が深いです。

理想の姿って人によってまったく違いますよね。ハワイやサモア等ではドーンと肉付きのいい女性や男性の方が魅力的でもてる国もあります。人や国によって様々で、それでいいのだと思います。

ちなみに私が健康的で美しいなと思うのは女性だと長谷川潤さん、男性だと江口洋介さんです!

 

続ながら筋トレダイエットのススメ

続ながら筋トレダイエットのススメ

前回ご紹介しました「ながら筋トレダイエット」の方法の続きをご紹介したいと思います。まずは始めること、そして続けることがとてもとても重要で大切なことです。3日坊主でもかまいません。またはじめたらいいのです。

そしてまた休んでも、またはじめたらいいのです。これを繰り返し繰り返しすることで、習慣にすることができるのです。少しづつ無理せず楽しく続けていきましょう!レッツながらトレーニング!

①キッチンで料理や洗い物しながらトレーニング

特に女性なら家にいるときキッチンで過ごす時間ってすくなくないですよね!?その時間を有効に使って、ながらトレーニングをしましょう。

・あごを引いて、背筋を伸ばし、下腹部に力をいれます。

・足を少しだけ持ち上げ、足の裏をのばしてほぐすようにかかとまでしっかりとつけて足踏みをします。

・片足立ちをして足をまっすぐに横にあげたり、後ろにあげたりします。50℃くらいまであげ3秒くらい静止させてからもとにもどします。できるだけゆっくりゆっくりと行ってください。

②掃除機をかけながらトレーニング

綺麗好きの方なら毎日掃除機をかけますよね!?掃除をするとココロモすっきりキレイになりますよね。その時間にながらトレーニングすれば一石三鳥ですね!

・両足をそろえて、背筋を伸ばして、下腹部に力をいれます。←これ基本の姿勢ですね。

・掃除を持った手の動きに合わせて、リズミカルにゆらゆらひざをゆらします。腰を落とすイメージです。手の届く範囲が終わったら一歩前進して同様の動きをします。

・たまに上体をねじり、片足を前にふみだした姿勢で同様にひざをリズミカルにゆらゆらゆらすと太ももやヒップに効果的です。また、おもいっきり大きくねじるとわき腹にとても効果的です。

継続は力なり!って本当に本当ですね。

こういった方法をまず普段の生活にとりいれて少しづつ取り入れてみてください。そうすると色々な場面でながらとレーニンができることに気づくはずです。例えば洗濯物を干しながら、歯磨きをしながら、電話をしながら、歩きながら、本を読みながら買い物をしながら等々です。

気づいたら知らない間に勝手にながらトレーニングをしていたらこっちのものです。継続していればそのような状態になっているはずです。人間って意識しないと楽な方に楽な方にと向かってしまう生き物です。そうすると筋力や体力が落ちるばかりでなく、脳までも衰えてしまうのです。

ちょっとした意識の持ち方ひとつで、体も心も脳も健康になるのです。特別なトレーニングは必要ありません。普段の生活に「ながらトレーニング」をとりいれて健康でハッピーな毎日を過ごしましょう!

 

 

 

 

ながら筋トレダイエットのススメ

ながら筋トレダイエットのススメ

痩せて綺麗になりたい!と思いながらもなかなかダイエットやトレーニングをはじめることができない経験ってみなさんありますよね!?いざはじめてみても長続きしないことってよくあると思います。私もそのうちのひとりです。笑

そんな紳士淑女にオススメなのが「ながら筋トレダイエット方法」です。テレビを見ながら、雑誌を読みながら、料理をしながら、デスクワークをしながら等々、色々なことをしながらできるのです。

大切なことは、まず、やってないことをやってみることなのです。この方法だとお金もかからないですし、普段の生活の中で気づいたときにいつでも好きな時に好きなだけやることができます。いくつかの方法をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

まずはTVみながらできることは多くあります。ひとつはスクワットです。スクワットは体感トレーニングとしても基本の運動で、全身はもちろんとくにふともも、おしりの引き締めに効果絶大です。

ふたつめは下腹トレーニングです。若いときはいいのですが、年齢を重ねるとどうしても代謝や筋肉がが落ちてしまって、若いころには全然なかったポッコリとしたものが出てきてがっかりされている方は多いはず。これがとても厄介でなかなかひっこめることができないのです。

筋力が低下して、内臓が下に落ちてきて脂肪や内臓脂肪がついてしまうからです。脂肪や内臓脂肪は長年の蓄積によりついたものなのでなかなかとりはらうことができません。ですので、少しづつ好きな時に好きなだけできる「ながらトレーニング」がとてもゆうこうなのです。これについてはいくつか方法をご紹介したいと思います。

トレーニング方法をご紹介。

①寝そべりながら足上げをするトレーニング

・両手をひろげられるスペースをかくほします。

・両手をひろげて寝ころびます。

・足は揃えて伸ばしてください。

・両足を頑張って90度くらいになるようにあげます。

・上げるときも、下げるときもでっきるだけゆっくりと行います。

・下腹部に意識を集中して、自分の筋肉が使われていることを意識します。

最初は10回を目標にしましょう。最初のハードルは低いほうが絶対にいいです。

10回でも情勢の方は結構大変かもしれませんが、それは効いている証拠ですので頑張ってください。

②常に下腹に力をいれながら生活トレーニング

デスクワークしているとき、ソファに腰かけているとき、電車に乗っているときでもできるだけ下腹部に力をいれて、力を抜くということを繰り返し行う方法です。とても簡単なのですが、とても効果があります。

他にも色々な「ながらトレーニング」があるのですが、また次の機会にご紹介したいと思います。大切なことは意識し続け、継続することです。

 

 

 

 

理想的なダイエットとは

理想的なダイエットとは

痩せたいなと思う時なにか良いダイエットは、ないかなと考えますよね。極端に言えば食べなければ痩せる。けれど勿論これだと栄養不足になったり心身ともにバランスを崩す事になります。かといって今まで運動不足だったのに急に運動量を増やしても体に負担が大きいです。

きっと多くの人が知っているとは思いますが、栄養のある食事をバランスよく食べて運動も適度にしてが一番、理想的です。けれどなかなかそれが出来ない人が多いですよね。実はバランスの良い食事・運動以上に大切な事があります。

それはストレスをためこまないことなんです!。私も何度もダイエットをしてきては失敗もして一番最後に気が付いたのがストレスでした。ストレスが溜まってしまうとたくさん食べても満足感が得られず普段以上に食べてしまったり。

ストレスを抱えた状態で運動に取り組んでも、なかなか続かなかったり。ストレスを感じないで過ごすのは生きていく上で難しいですよね。けれど日々のストレスを上手に発散することが大切です。

上手に発散できてくると気持ちが健康的な状態になるのでダイエットへのモチベーションも上がりやすくなって前向きに取り組めます。私も自分のストレスを上手に発散することを覚えて最近では楽しくダイエットに取り組めていますよ。

自分のダイエット体験談

これまでいろんなダイエット方法を試してきました。リンゴダイエット、炭水化物抜きダイエット、一日二食ダイエット、一日一食ダイエット、断食ダイエット、チアシードダイエット、チーズダイエット等々です。

流行りのものがあるととびついて。すぐに効果が出ないと、次のもの、また次のものとどれも長続きせず結果がだせないことが何年もつづきました。ほとんどの方がこういった経験をしたことが多いのではないでしょうか!?

なぜならば長年の生活習慣をいきなり変えようとするから長続きしないのだと思います。徐々に徐々にスタートすることがとても大切なのです。また、しっかりと考え抜いた計画をたてることがとても大切です。

世の中には本当に様々なダイエット方法がありますよね。大体が正しい方法なのですが、中には間違った方法もあります。まずは何が正しくてどれを実行するのか、どれが自分にとって最適なのかよく調べて考え抜くことが重要です。

そしてやると決めたら計画をたてて実行すること。持続することが大切なので、無理せず楽しく、なりたい自分をイメージして目標を達成しましょう。

 

 

 

 

 

自宅でも簡単にできる足踏み昇降ダイエット

自宅でも簡単にできる足踏み昇降ダイエット

食事制限をしてやせたけれど、リバウンドして失敗した経験がありませんか。食事制限は筋肉が減ってしまい基礎代謝が低下するので、リバウンドをすることが少なくありません。リバウンドをすることを防ぐには運動が必須です。運動をして筋肉を維持すれば、代謝の低下を防ぐことができます。

しかし、運動をしたくても時間を取れなかったり、ジム通いをはじめても通い続けられないことがありますよね。そんな方には自宅での運動がおすすめです。自宅で簡単にできる運動が足踏み昇降です。天候や時間に左右されることなく、テレビを見ながらでもできます。

足踏み昇降は台を上り下りするシンプルな動作ですが、有酸素運動で脂肪の燃焼が期待できます。台の上り下りには下半身の筋肉をよく使います。下半身には大きな筋肉が集まっているので、大きな筋肉を鍛えることで代謝が上がります。一定のリズムで運動することで、自律神経が整うことも期待できます。

用意するものは15~30cmの高さの段差です。階段を使用してもよいし、新聞紙や雑誌を束ねたものを使用してもよいです。ちょっと危ないので崩れないよう縛ったりして使用して下さい。

右脚から上がって左足も上げて、右足から下りて左足も下ります。ときどき踏み出す足を交換して行ってください。1日10~30分が目安です。

運動習慣がなかった方は、いきなり30分行うのはきついかもしれません。やせるためには運動を続けることが大切なので、最初は無理がない範囲で行うとよいでしょう。慣れてきたら徐々に時間を伸ばしてみましょう。

腹筋ローラーで楽しく効率よく鍛えよう

ダイエットと、体を鍛えるために購入した腹筋ローラーの体験談です。
腹筋ローラーとは、車輪の横に取っ手がついていて、それを腹筋する体勢でつかんで床でコロコロ転がすというトレーニングアイテムなのですが、最初動画で見て知った時は「普通に腹筋すればいいのでは」と思ったんですよ。でも夫が買ってきたんで試してみました。

使ってみると、まず、思ったより楽しいことが発覚しました。
取っ手をつかんで体勢をとるだけでも最初厳しかったのですが、コツをつかむとコロコロ転がせるようになってきて楽しいんです。

また、せっかく買ったんだから使わなきゃなという思いもあって、買ってから1ヶ月くらい1日おきのペースで夫と二人でやっています。

調べてから知ったのですが、鍛える効率も普通の腹筋より良いようですね。腹筋という名前でありながら腕立て伏せのように腕持鍛えられ、さらに肩、胸の筋肉も鍛えられます。

不安定な車輪なので体のバランスをとることも鍛えられます。
効率のよさも知って、これからもっと楽しく使うことが出来そうです。

安全にできる断食ダイエット

安全にできる断食ダイエット

日本人が1日3食おやつ付きという食生活を始めたのは、近代化してからのことです。昔はは1日2食や、半日以上食べないということは普通にあったのです。食事量が1日3食おやつ付きと過剰なまでに増えたことで、肥満体質の日本人がどんどん増えてしまいました。

まずはプチなプチ断食ダイエットから始めることをおすすめします。断食というのは不健康と考えるひとが多いかもしれませんが、朝抜きだけとか、半日だけと制限付きであれば、すぐにでもできることです。朝は食べないでも大丈夫というかたには、とくにおすすめできます。プチ断食ダイエットの方法は極めて簡単で、朝食だけ食べなければいいだけです。

といっても水分補給はすべきなので、口にしていいのはコーヒー、紅茶、お茶などです。冷たい飲み物は体を硬化させ酸化をうながしますので、できるだけ温かいものを飲むようにします。

少し本格的にするなら、夕食を取ってから翌日の昼食までの間、なにも食べ物を口にしないようにします。12時間以上も食べないことになりますので、ダイエットはもちろん、体から不純物を取り除き免疫力を向上させる効果も得られるでしょう。

ダイエット時の食事には豆腐がオススメ

ダイエットに適した食材は数多くありますが、皆さんは豆腐がとってもダイエットに適している事を知っていますか?ダイエットと言えば野菜といったイメージが強いですが、実は豆腐がダイエット時の食事にはとても適しているのです。

豆腐は一見栄養が少なそうに見える食品ですが、豆腐にはとても沢山の栄養が含まれています。その上、カロリー自体もとても少なく値段も安価な為、ダイエットにとても適した食べ物なのです。さらに豆腐は様々な料理に利用できる汎用性の高い食べ物の為、ダイエットの際には豆腐を使ってアレンジした食事が非常にオススメです。

例えば定番でいったら豆腐ハンバーグなどでしょうか。ダイエット中でもどうしてもお肉が食べたくなる事がありますが、そんな時は豆腐ハンバーグがとてもオススメです。

他にも豆腐を使ってアレンジできるレシピはたくさんあるので、ダイエット時の食事で悩んでいる方は是非豆腐を使った料理を検討してみてはどうでしょうか?

豆腐がダイエットにとても良いからといって豆腐ばかりに偏りすぎるのはあまりよくありません。ダイエット時の食事で一番大切なのはバランスの取れた食事なので、サラダを作ってみたりなどの工夫もとても大切です。

ダイエットは健康にも気を使いながら行うのがベストなので、豆腐繋がりで豆乳なども健康にとても良くオススメです。よくダイエットという事で食事の量を大きく減らす方がいますが、健康的な痩せ方ではありません。ダイエット中の食事には栄養バランスとカロリーを良く考えた食事が理想だと私は思います。

 

食事制限だけでダイエットってできる?

食事制限だけでダイエットってできる?

ダイエットをするには食べる量を減らして、摂取カロリーを少なく抑えることが重要になります。
バナナダイエットやリンゴダイエットのように、1つの食品を食べ続けるダイエットは、摂取カロリーが低くなるから効率的に体重を落とすことが可能です。

そのため、短期間にダイエットをしたい場合には、とても有効的なダイエット方法になります。
ですが、バナナダイエットやリンゴダイエットなど、食事制限だけのダイエットには大きなデメリットがあります。
つまりそれは、リバウンドをしやすいということなのです。

食事制限だけのダイエットでは、脂肪と同時に筋肉までも落としてしまうからです。
筋肉量が減ると、基礎代謝で消費するカロリー量も減ってしまいます。

つまり、運動をしても脂肪が燃焼しにくい体になってしまうということです。
この状態で食事制限をやめてしまうと、あっという間に体重はもとに戻ってしまいます。

食事制限だけのダイエットがリバウンドする原因は、筋肉も落ちてしまうことにあります。
リバウンドしないためには、食事制限もしつつ、適度に筋肉トレーニングをおこなうことが大切になってきます。

毎日生大根でダイエットに成功です。

少し前に生大根ダイエットというダイエット方法に挑戦しました。そして、1カ月で2㎏の減量に成功しました。運動は、毎日の通学のためのサイクリングだけでした。これだけで2㎏痩せられるので、効果的なダイエット方法であるといえます。

ダイエットの具体的なやり方は、毎日大根を生で約300g食べるというものです。食後または食前に食べなければならないなどという縛りがないので、無理なく継続できます。しかし、生で食べるということだけは守らなければなりません。というのも、大根は加熱してしまうと、ダイエットに効果的な成分が失われてしまうからです。

では、そもそもなぜ大根を生で食べると、痩せることができるのでしょうか。それは、大根に含まれるイソチオシアネートとアミラーゼという成分に関係しています。まず、イソチオシアネートという成分は、大根の辛味のもとになっている成分で、活性酸素を除去する役割を果たします。活性酸素は、体内の細胞の機能を低下させ、代謝を悪くしてしまいます。

逆にいうと、この活性酸素を体内から減らせば、代謝アップにつながるのです。次に、アミラーゼは消化酵素で、炭水化物の消化を促進してくれます。また、大根は食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を解消できます。

大根おろしをあらゆる料理にのっけてみたり、おやつ代わりに大根をすってポン酢をかけたり。あらゆる方法で毎日生で大根を摂取しました。食べるだけで痩せれるダイエットなんて、本当に魅力的ですよね。ダイエットはいつも三日坊主という方は、ぜひ一度試してみる価値があると思います。

ソワン毛穴ケア用美容液の口コミと評判・効果的な使い方について

私が見つけたダイエットの極意!

私が見つけたダイエットの極意!

20代、30代と色んなダイエットに挑戦しては失敗するというのを繰り返してきました。このままでは一生ダイエットできないと思った35歳の時、これまでのダイエットについて徹底的に反省しました。そして40歳を過ぎた現在、体重は20歳の頃に戻りそれをキープできています。私にとってのダイエットの極意は「食べ過ぎないこと」に尽きます。

ダイエットしようと思う時というのは、大抵結果をすぐに求めている時でした。以前着ていた服が入らなくなったことに気づいた時、友人の結婚式に出席することになった時など、慌ててダイエットに取り組んで、過激な食事制限をしたり、ハードな筋トレをしたり、急にランニングを始めたりと、どのダイエットも苦しみがセットでした。

だからなかなか続かないし、短期的に痩せたとしてもすぐにリバウンドしていました。もう辛いダイエットは嫌だ!とこれまでのダイエットについて徹底的に反省した私は、とにかく食べ過ぎないことだけに気をつけました。

家族の食事を作っていると、余った時にどうしてももったいないと思って食べてしまっていましたが、それもやめました。作りすぎないようにすることも心がけました。すると半年で体重が2kg減り、その後も順調に減り続け、今では一番太っていた時から比べると6kgは減ってそれをキープしています。

毎日体重を計り、食べ過ぎたなと思ったら1週間程かけて調整するということもできるようになりました。この方法だとお呼ばれや友人とのランチなどでたまにたくさん食べても大丈夫です。後で調整すれば良いのですから。
初めは時間がかかりますが、私にとっては一番楽なダイエット法でした。これからもずっと続けていくと思います。

グリーンスムージーの置き換えダイエット

数多く存在するダイエット法の中で、今の流行りはグリーンスムージーの置き換えダイエットです。スムージーとは、野菜や果物をミキサーで混ぜるドリンクの事です。スムージーの良い所は、自分で好きな具材を選んでドリンクにする事が出来る所です。

基本的には、ほうれん草や小松菜にリンゴやキウイなどで作るのですが、自分だけのマイスムージーを作る人も多くいます。栄養もしっかり摂る事が出来き、腹持ちも良いのが特徴です。生の野菜をミキサーに入れるので見た目が食欲をなくしてしまい、慣れまでは飲みにくい場合もあります。

ダイエットとしても期待でき、朝食の代わりに置き換えてスムージーを飲むのが良いです。私もスムージーを飲むようになり3ヶ月で5キロの減量に成功しました。

毎朝、朝食の代わりにスムージーを飲んで置き換えダイエットを始めて最初は空腹で慣れまでは大変でしたが、慣れてしまえば夕食もスムージーだけの生活もできます。夕食をスムージーにすることでカロリーの節約と毎朝目覚めが良くなりました。

またグルコサミンやコンドロイチンも有効ですよね。グルコサミン・コンドロイチンに興味のある方は
こちらから
美健知箋活グルコサミン&コンドロイチンの効果的な飲み方は?

ダイエット成功の秘訣は揺らぎない決意と持続できる方法かどうかで決まります。

ダイエット成功の秘訣は揺らぎない決意と持続できる方法かどうかで決まります。

食事1日1000kcalまでなら食べて良し、のダイエットを1ヶ月したことがありました。それを始める前は1日に2000〜3000kcalは食べていたのでお腹が空いて仕方なかったです。1食500kcalも食べたら軽く1000kcalオーバーしますしカロリーを毎食チェックしながら少しずつ食べてました。

朝は仕事が早いので食べず昼は多めに食べ、夜は炭水化物はほぼ食べてませんでした。最初は本当にきついんですが、やり始めるとわりと慣れるもので1000kcalいかない日もありました。

結果は-5kg減りました。それからも続けようと思っていたんですがコンビニのスイーツをちょこちょこ買って食べていたら今までの鬱憤が爆発したのか止まらなくなってしまい、毎日大量に買って食べてしまうようになり、あっという間にリバウンドしました…

やっぱり長く続けられないダイエットじゃないと駄目ですね。ストレスが半端ないですし、下手したら過食症などの病気になったりもしますので、気をつけた方が良さそうです。ある意味勉強になりました…。

きれいにやせる方法!

私は体重重視のダイエットを行ってきたのですが、体がカリガリになってもご飯を食べると腹だけが出てしまうので痩せた気にならず、無理してもっとダイエットをしてしまうときがありました。その間違った方法からどのようにして体のライン重視のダイエットに持っていくことができたのかの体験です。

ダイエットを行うとき、何も知りませんでしたので世間でよく言われる身長-110が痩せていると判断しました。
ですのでどんなダイエットをしてでもその体重を目標体重にし食事を抜いたりカロリーの記載してあるものだけを食べたりする無理なダイエットを行ってきました。

それで痩せることはできたのですが、筋肉がありませんでしたのでご飯を食べることにより腹が出てしまうのです。それはもちろん一時だけですががんばって痩せた自分には一瞬でも腹が出ている自分が許せずに食事をもっと減らしたりし、食べても腹が出てこないようにしました。そのうち体調を崩すようになり胃腸が弱くなってしまうようになったのです。

そんなとき、私と同じような身長の人で私より体重があるのに私よりも綺麗に痩せている人をインスタで発見し、この人のようになりたい、と思ったのです。彼女は体幹トレーニングというものを行っており、私もそれを真似てプランクというのを始めました。腹筋に力が入りますので、今までの痩せただけの体から綺麗な筋肉のある体になったのです。

エミーノボーテで効果的なエイジングケア!口コミや評判も紹介

私のレコーディングダイエット体験記。

私のレコーディングダイエット体験記。

 

40代の男です。
20代の頃の体重は65キロぐらいで推移していました。
しかし、30代に入り、自堕落な生活を送っていたところ、体重は70キロから75キロとどんどん増加していきました。
マックスで、86キロまで増加してしまいました。

仕事のストレスや食生活の変化など、太った理由はいろいろありました。
しかし、そんな言い訳をするのはやめようと思い、私はダイエットをしなくてはならないと心に誓いました。
そして、私がやり始めたのが、レコーディングダイエットです。

その頃、ちょうど、評論家の岡田斗司夫さんが「いつまでもデブと思うなよ」というダイエット本を出し、レコーディングダイエットを紹介していました。 それを読んで、私はやってみようと思ったわけです。

このレコーディングダイエットをやってみようと思った一番のきっかけは、岡田斗司夫さんが痩せた姿を、見せられたことです。
この本の帯に、ダイエットした後の岡田さんが、ダイエットする前のブカブカのズボンを履いている写真が載っていました。
それを見て、私は、これはスゴイ!と思いました。

なにせ、岡田さんはオタクの評論家であり、太っている姿しか知らなかった私にとって、この痩せた姿は、ものすごいギャップでした。 私の中で、岡田さんはダイエットとは対極にいる人と思っていたので、なおさら衝撃でした。
というわけで、レコーディングダイエットを行いました。

レコーディングダイエットを簡単に説明すると、自分が食べたものをひたすらノートに書いていくダイエット方法です。
このダイエットの趣旨は、食べたものをノートに書くことで、いかに自分がたくさんのものを食べているかを、自分自身にわからせるためです。

私はこれで、体重を65キロまで落とすことができました。
今は、70キロぐらいまでリバウンドしていますが、そこから更に太るということはありません。
今も私はレコーディングダイエットをしていて、ノートに食べたものを書き続けています。
ちなみに、「いつまでもデブと思うなよ」を書いた岡田斗司夫さんは、現在リバウンドしてもとの姿に戻ってしまいました。

趣味で楽しく痩せる!

ダイエット、今まで色々と試しましたが、やはり楽しくないと長続きしません。
お菓子を抜いたり、夜は炭水化物を抜いたり、朝食はバナナだけ・・・など食事制限を行うダイエットも沢山試しました。
食事制限に関するものは、ずっと続けないと意味がないし、ストレスがたまったり、リバウンドしてしまったり、停滞期があってうんざりしてしまったり、なかなか長続きがしません。

和食中心とした食事を摂りながら、体を動かす趣味を見つけて楽しくダイエットをするのがイチバンだと思います。
私がまずハマったのは、社会人2年目から始めたフラメンコです。
フラメンコと言うと、友達に何で始めたの!?とよく言われますが、スペインに行ったとき、生のフラメンコを見て感動したからです。

フラメンコを習ったことがある日本人は少ないかと思いますが、かなり激しいダンスです!
背筋も伸びて姿勢もよくなりますし、かなりの運動量です。
胸筋も鍛えられて、バストアップもできると思います。

仕事帰りに行くことが多かったのですが、フラメンコに行く日は仕事を早く切り上げて、張り切って行っていました。
仕事や精神面でもメリハリが出来て良いです。
岩盤浴も行ったことがありますが、岩盤浴は目じゃないくらい汗をかきます。
ぼたぼた垂れるくらいです。

そして、音楽に合わせて踊るので、とても楽しいです。1年間で4キロ痩せることが出来ました。
姿勢もよくなり、バストアップも成功しました。
結婚を機にやめてしまったのですが、楽しみながらできる、かなりおすすめのスポーツです。
私の通っていたクラスは、年代も20代から60代までと幅広く、長く楽しめるダンスだと思います。

そして、出産を経て、子どもが幼稚園に通い始めて自分の時間が出来てから通い始めたのがジムです。
週に1、2回は行くように心がけました。
プールで泳いだり、ヨガなどのプログラムに参加したり、こちらも楽しく続けられました。
2人目を妊娠して辞めてしまいましたが・・・。

ダイエットは楽して痩せる、は難しいけれど、楽しく体を動かして痩せることをおすすめします。
代謝も上がり、太りにくい体になりますよ!

汗拭きシートは夏の必需品!今年のおすすめランキングは!